えのでん×紫陽花 @御霊神社

 
先週、また鎌倉さんぽ。
しかも、平日の朝活! (^ ^v
 
 
6月、とくに混雑する時期だから
平日なら、、、と思ったけど、すごかった (> <)
 
 
小学生の大団体、海外からのツアー団体さま、その他大勢!
やっぱり、鎌倉エリアは人気だね♪
 

 

c0319240_11375414.jpg

  

↓ 白うさぎさんたちから、ダンスパーティー招待状があって
また、光則寺へ。
ここは人も少なくて、ほっ♡ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 
 
  

 

@御霊神社
 
光則寺にいくまえに、前回行けなかった御霊神社へ。
人気のこの場所、いつも人がいっぱいみたいだけど
朝活時間には、まだほとんど人がいない・・・
 

c0319240_11444654.jpg

 
 
ここ、鎌倉 七福神の福禄寿が祀られ
ちいさな境内には、お稲荷さんも
 
 

c0319240_12111257.jpg

 
朝活なので、きっと今日の参拝1番で手をあわせたのは、私かも? 
  
・・・じゃなかった。境内をお掃除している方が、手をあわせていたね。
 
 

c0319240_12125708.jpg

 
平日にさんぽって、うひょ~ってちいさく叫びそうで
足取り軽くなるこの気分。
  
たまには、いいんです、これが♪



[PR]
Commented by happysweet1205 at 2018-06-17 16:26
こんにちは^^
平日に鎌倉朝活できるっていいですね~。
でも やっぱりツアー客や学生さんで混んでるんですね。
私は娘のバス旅行で一度訪れただけですが
雨の平日だったのに激混みでした~~。
紫陽花の時期でもなかったんですよw
紫陽花と江ノ電 やっぱりいいですねぇ。
すでにカメラマンさんもいますね。
小さなお稲荷さんも可愛いですね^^
Commented by minibears at 2018-06-17 20:38
> はぴさん、こんばんは☆彡
はぴさんがいらした時の雨の平日でも、にぎわっていたんですね~
朝活をしても、写真スポットのいい場所には、
やっぱりすでに来ている人もいたりしたので、
混雑をさけて早い行動をする人もいるんですねぇ。

この神社すぐそばの江ノ電と紫陽花という光景は、人気ですが
ギリギリに江ノ電が走るので、危険な感じもしましたよ(> <)
それを見守っていたのが、ちいさなお稲荷さんでした(´▽`)
Commented by HiroPhoto1690 at 2018-06-17 21:40
平日朝活=人少ない
なんですけど鎌倉は混雑しているのですね^^;
あじさいに江ノ電似合いますね~
電車がかわいいのがポイントですね♪
Commented by anpanclub at 2018-06-18 08:30
おはようございます
鎌倉は、平日でも凄い人です
私も土日を避けて平日にいくのですが、何時行っても
人々です。
白い小さなお稲荷さん(お狐さん)可愛いですね。
Commented by funfunniconico at 2018-06-18 09:02
早朝の「鎌倉さんぽ」いいですね♪
鎌倉・・・、四半世紀以上前に行ったきり~~~。^^;
また行ってみたいな。
そうそう、四半世紀以上前の時、江ノ電に乗ったのよ。
紫陽花と江ノ電、いい感じ。
↓のニャンコさんもかわいいニャ~。^^
Commented by minibears at 2018-06-18 20:42
> HiroPhotoさん☆彡
電車には詳しくない私ですが、江ノ電も新旧いろいろあるみたいで
この撮った車両がいちばん可愛い江ノ電に見えました。

今日、Hirophotoさんのエリアでは、大きな地震があり
今後も心配かと思います。お気をつけください。
Commented by minibears at 2018-06-18 20:45
> anpanclubさん☆彡
ほんと、平日でも人がたくさん訪れていますよね。
anpanclubさんも、先日は鎌倉を撮られていましたね。
私も、鎌倉高校付近からみる海と江ノ電を撮ってみたいと思いつつ、
お寺ばかり歩いて退散してしまいました。
鎌倉・湘南エリアは、のんびりと歩きたいところですよね(#^.^#)
Commented by minibears at 2018-06-18 20:49
> きゃふぁにこさん♪
四半世紀以上前でしたか~江ノ電に乗ったときには、
まだチポちゃんは一緒じゃなかったんですよね。
では、ぜひチポちゃんと歩く鎌倉・江ノ電の旅を~♬
でも、鎌倉の海よりそちらの海のほうが、断然きれいですよね。。。
by minibears | 2018-06-17 10:00 | going out | Comments(8)

いろんな写真を通じて何かを伝えたいな。


by maruko